思いつくまま、気ままに。

思いつくまま、感想を書いて、らくがきを描く。それだけ

QLOOKアクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

世界ジュニア

久しぶりに文章。

ツイッターも使ってみてますが、やっぱりブログがめいっぱい書けるかな笑。

ヘタにフォロワーさんとか作っちゃうと逆に思いきり書けない不思議。

情報もいつも最新追ってなきゃいけないプレッシャーとか。

こういう時、好きなタイミングで好き勝手書けるブログは

けっこう居心地いイイですね笑。

 

というわけで。

世界ジュニア、昔は全く興味なかったですが、

今はロシア女子がすごい子がたくさん出てるらしい…という噂を耳にして、

究極の青田買い、ということでチェックしてみた。

日本男子もジュニアは注目株いるしねー、ということで。

テレビでフリーだけですけど、放送してくれるので見てみました。

この情報もツイで手に入れたので、こういうのはツイッタは便利なんだけどね。

 

男子フリーを最後に観たので、やはり男子から。

しょうま君おめでとう。

やっぱ彼が17歳だということを考えるといろいろずば抜けてるかな。

最近のジュニアはほんとにレベル高くて、4回転とか跳ぶ子もバンバンいる。

でもその中でしょーま君は何より作品としての完成度が素晴らしい。

あの年齢にして、プログラムの作品度の高さというか。成熟度というか。

こなれっぷりがすごい。

なんかね、何がというわけじゃないんだけど、情感があるんだよね。

なんかジュニアっぽくない円熟感。若いのに笑。

でもこれが表現力ってやつですかねえ。

あふれてくるような抒情的な雰囲気がプログラムから伝わってくる。

もちろん4回転(フリーは失敗したけど)、3Aは普通にこなすわけで、

技術的センスも折り紙つき。

他選手は、やはり要素をこなしてノーミス!で大喜び!なのを

しょーま君はさらにその先をいってる感じ。

 

本草太くんも上手だけど、しょうま君の円熟味に比べたらジュニア感は否めない。

しょうま君は、高橋選手タイプかな、とか思ったりする。

シニア参戦で身長がちょっと心配だけど、高橋選手っぽいイメージ目指してほしいな。

なかなかいい演技をする選手になりそうで、今後楽しみですね。

 

それでいくなら山本くんは小塚選手タイプ?

さわやかさらさら風のようにすり抜けていくスケーティングが印象的。

やはり4回転と3Aは男子では必須なので、今後どこまで身に付けられるかが課題。

まだ15歳だし、大丈夫かな。今後に期待してます。

 

中国の選手が4回転跳びまくりですごかった。

今は何ですか、サルコウも含めて4回転をジュニアが当たり前に跳ぶんですね。

コレ、羽生くんとか脅威なんじゃねえ?

なんかすごい時代になりました。ハイレベルすぎる…。

 

ちなみに羽生くんですが、彼のファンはツイに多くて、

彼の演技についての考察をしているツイはけっこうあるのですが、

個人的にはこの人はジャンパーかな、と思っております。

日本人で言うと安藤さんタイプ?

全日本の演技とかGPFの演技とか観てて思ったけど、

得点の胡散臭さはまあ置いておいて笑、とにかくジャンプの美しさは素晴らしい。

あれは持って生まれたもんだろうな。

ジャンプの回転~着地にいたる美しさは特筆せざるを得ない。

スタイルもいいってのも大きいんだろうけど、

やはりジャンプそのものの独特な美しさは目をひくものがありますね。

 

ただ、私は本当は彼は表現力もかなりある選手だと思っています。

…というか思ってました^^;。潜在能力はあると思う。

でもオーサーコーチについたせいかなあ…とか思うんだけど、

最近の演技はね、ちょっとキムヨナっぽい。

ジャンプはいいんだけど、プログラムの作品としての完成度があまりない。

なんかね、あっさり風味というか。なんか味気ないんだよね。

情感があまり感じられなくて、作品としての雰囲気を楽しみたいファンとしては

今の羽生くんの演技はあまり面白くないんです。

 

羽生くんの以前のコーチ…ええと菜々美先生でしたっけ?

あの頃の演技の方が、表現力を感じさせる演技だった気がします。

彼は今4回転の種類を増やしていくことに目標定めてる感じですけど、

個人的にはいい名プロが欲しいかな。

 

でもオーサーコーチにつくとあんな感じになるのかなあ。

本当に個人的な意見ですけど、カナダの選手は総じてあっさり風味。

スケーティングは素晴らしいんだけど、やや情感が足りないというか。

どうも自分とは趣味が合わないようで、なんか物足りなく感じる選手が多い。

オーサーコーチもそういうセンスなんだろうか、とか思ってしまう。

 

なんつーか、得点はたくさんもらえるんだろうけど、

プログラムの味わいはあまり感じられない気がするなあ。

羽生くんはもっと表現する力がある選手だと思っているので、そこが残念。

でもあんなにジャンプにこだわるあたり、やはりそういう人だった、ってことかな。

でもひょっとしてついたコーチが違っていたら…。

もっと違う彼が観れたのではないかと思うことがあります…。

 

ダラダラ書きましたが、ロシア女子について書いてなかった!

というか、女子については実は一番感動したのは若葉選手。

彼女、ちょっと伊藤みどりっぽい?雰囲気似てる気がする。

彼女の切り裂くようなシャキーンとしたジャンプは目が覚めるよう。

すばらしいフリーでした!少なくとも個人的には3位じゃなくて2位。

2位のロシア女子よりは絶対上!!そう思わせる切れ味が演技にあった。

 

ロシア女子についてはね、スゴイ子多くて国内選手権どうなってんの。

名前ももう覚えられません笑。ロシア名むずかしーよ笑。

ええと1位のメドベデワ(今調べてきた笑)選手。

彼女はね、これはさすがにかなわねーな、という感じがしました。

ショートのジャンプ3回後半というスゴ技戦略もあるけど、

やっぱり彼女のもって生まれたスタイルとか表現力とか(ロシア風味)とか

優雅さはちょっとアジア系じゃ太刀打ちできない…。

それでいて技術力もしっかりあったらちょっとかなわないね。

彼女はかなりレベルの高い選手だというのはわかりました。

 

ただ、ロシア女子ではタノジャンプが流行っているようですけど、

あれあんま好きじゃないな。

加点がもらえるんだろうけど、イマイチジャンプが美しくない。

もちっと手の上げ方とかも工夫してほしいです。なんかあげてるだけって感じで。

ロシア選手はみんな多用していて、若干食傷気味。

あれなら若葉ちゃんのシャキーンジャンプの方が何倍も美しい。

あれこそ加点がもらえるってもんよ。

 

しかしロシア国内選手権、いったいどうなっているんでしょうか。

世戦の何倍も面白い試合してそうです。

ラジちゃんとか来年大丈夫?マジで下からすごいのがどんどん上がってきてる…。

来シーズンのグランプリとかメンツ変わってたら怖いです…。

ちょっと下位になったらどんどんメンバー入れ替わりそう…。

 

ファンとしてはいろんな選手の演技が観られて楽しいんですけどね。

ラジちゃん好きだから、来シーズンも生き残ってくれ!

 

というわけでいよいよシニアの世戦。すごい演技を楽しみにしておきます…。

 

あ、あと拍手を最近いくつかいただいておりました。

相変わらずのほったらかしブログですが、拍手なんぞいただけて

やっぱりすごく嬉しいです。ありがとうございました!!

広告を非表示にする