思いつくまま、気ままに。

思いつくまま、感想を書いて、らくがきを描く。それだけ

QLOOKアクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

THE LAST 観てきたよ!!

観てきましたよー!!

田舎の映画館で、しかも朝一に行ってきたので余裕でいい席で観れました♪

公開間もない割に人もあんま入ってなかったなあ。田舎だからこんなもん?

年齢層高め笑。私くらいのオバサマ多かったっす笑。

昔から好きで、最後だし…てんで見に来た人多かったのかな。

NARUTOって、もう小学生が追っかけるマンガでもなくなってるのかもね。

 

ネタばればれなので、追記~。ふふふふ、長いぞー!!!笑

 

 

あとですね。拍手メッセージいただいてまして。

追記があんまりにも長くなっちまったんで、

いつものやりかたでは非常に読みづらいと思いますんで

次記事で拍手お返事させていただきます。

いつもありがとうございます !!

 

 

 

 

 

 

 

いやーびっくりしました!

あのー、私、今回は2回観てもいいな、とか思って

前売り2回分買ってありまして。

そのうち1回は小6のこどもと一緒に見に行こうと思ってたんですけど…。

だ、大丈夫だろうか…^^;。

なんか、ものすごーーーーーーい恋愛映画であった。

いやあ、キスシーン来ちゃったよ?

思いっきりぶっちゅしてましたよ!!えええええええええ!

少年ジャンプマンガでこんなにはっきりキスシーン、大丈夫すか!!

キスして終わりとか、おおおおおーーーーい!

うちの子、こんなシーン観て大丈夫だろうか…。

私なんぞより原作を何度も読み返しているNARUTO好きなんで、

こんな映画を観てどう思うか不安&興味あります。

ナルヒナには思い入れないようなので、つまんない、とか言いそう笑。

年代も年代だし、親としては微妙な気分です…^^;。

 

いやーすごかった。まるまるナルヒナ映画。

まとめて言えば、ナルトが恋に目覚めてナルヒナになるまでの映画。…でした笑。

すげー、ラストのNARUTO映画がナルヒナか!

これ、ナルヒナ好き以外の人が見たら、ものすごくつまんないんじゃねえ?

まず、それがものすごく心配になった。

 

サスケファンの方とか特に大丈夫だったかねえ?

あんなに大々的にに宣伝しておりましたが、ものすごいあっさりな登場。

こんだけ?みたいな登場シーンしかなかった。

ストーリーにもほとんど絡んでなくて、ほんとのおまけ出演。

カカシ先生の方がまだ登場してたよね。

でも、最後の最後でサスケにもってかれちゃって、カッコいいシーンないじゃん!

あれはあれで、カカシファンもちょっと不満が残りそうな…^^;。

火影カカシさんが観られて、良かったですけど。

完全にサポート役になってましたね、今回。

 

我愛羅さまもねー。覚悟してたけどさあ。チョイ役だったな^^;。

CMで「ナルトおおおおお!!」とか叫んでいた我愛羅さまのシーンは?

あのシーン、私にはなかったと思ったんだが。カットされた?

期待してたのになかったじゃん!!こらー期待させんなー!!

カットされたシーンをCMで使うなああああ!!

んでますます出番なし。我愛羅ファンの人はかなりガッカリだったかも。

ファンとしては、もうちょっと、シーン欲しかったな。

ナルヒナ好きで私はほんとにラッキーだったとつくづく思った…。

 

あと、ナルサスとかカカナルとか腐向けな方もかなり不満ありそう…。

NARUTOはキャラ多いし、いろんなキャラのファンが多いと思うし、

ナルヒナファンってどちらかというと少数派?な気がするんだよね…。

ナルヒナファン以外には、つまんない、とか思われてないか。

かなり心配になるくらい…そんくらい

     ナ ル ヒ ナ   でした。

 

時間経ってからちょっと思い直したんだけど、

キッシーは、ナルトの恋愛をきちんと描きたかったんだろうね。

ナルヒナ、というよりは、ナルトの恋を描きたかったんだろう、と思い直した。

だから結果的にナルヒナになったんだなと。

ナルトが恋に目覚めて男として愛する人を守る、

みたいな大人な男のナルト、を描きたかったのかなと。

結果的に、ヒナタを必死に追いかけて守りまくるラブラブナルヒナ映画に

なってしまったんだね。…と冷静に一応分析しておく笑。

んでナルヒナファン歓喜な結果になったんですな笑。

 

とか思って後でパンフ読んでみたらおんなじこと書いてあって笑った。

スタッフさん、思い受け取りましたから!!笑。

 

個人的には「カリオストロの城」とか「もののけ姫」とかナウシカ原作とか

あんな感じの、恋愛なのかもしれない、でも性とか愛とかそういうのよりは

もう少し禁欲的な、絆の深さを強調するような恋愛風景が好きなので、

ここまでラブラブ全面押しなラブ展開は、ちょっと照れる笑。

 

洞窟の探索とか、任務っつーよりデートにしか見えん笑。

クモの巣がひっかかって取ってあげてるナルトとか

背中の傷に薬塗ってあげてるヒナタとか、もうね。

任務中に何いちゃいちゃしてんだってばよ!笑

ナルトがお水を手で汲んであげてヒナタに飲ませるとことか、

付き合ってる二人にしか見えない。これでまだ恋人未満?

ベタベタすぎて、オバサン目のやりどころに困ったです笑。

あのあたりのシーンは、絶対周囲が気を使ってくれたに違いない笑。

 

でもナルトがヒナタの横顔にふっと目を奪われるシーンは良かった。

あのCMで良く出てくるところ。

ヒナタの美しさに、ナルトが本気で惹きこまれた。

ナルトがヒナタに惚れたんだな、ということが無言でよくわかるシーンでした。

あのシーンはきゅんきゅんできました♪ 素敵でしたよん。

 

ヒナタと目が合って、ちょっと目をそらしちゃうナルトとか、

「一人にさせてくれる」とか言われて、ものすごくがっかりなナルトとか、

ヒナタのマフラーにこめた想いに気づいて、

クシナからのマフラーを外してしまうナルトとか、

それをヒナタから聞かれてヘッタクソな言い訳するナルトとか、

せっかく告ったのに「さよなら」とか言われて傷心しまくりなナルトとか。

 びっくりするくらいナルト君が恋しててかわいかったよー。

サイに「ナルトでもあんなこと言うんだね」みたいなベタな女々しい発言って

何言ってたんか気になるよ!笑。

「ヒナタあ、オレお前と一緒じゃなくちゃ嫌なんだってばよ!」とか

「お前がすっげえ好きなんだってばよ!」とか

ベタベタな発言してシカマルとサイをちょい引きさせてて欲しいです笑。

 

 

2時間の間に恋に目覚めて勘違い失恋、がっかりしまくって、

サクラに励ましてもらって笑、押せ押せモードで無事に愛をゲット!

キスまでこぎつけてプロポーズしてラスト結婚→子供もできちゃった!笑。

展開的に忙しかったのは否めないかな。

いやはやナルト君の恋は短期決戦でありました笑。

 

いやーまさかヒナタがねえ。ヒロインポジションがっつりでしたな。

トネリさんとナルトのヒナタ奪い合い展開とか想像してませんでしたがな。

いつの間に、こんなにモテル女の子になってたんだってばよ!笑。

まあお年頃の女の子はね、ほんとね、変わるんですよ。

ホントに花がばあっと咲くようにきれいになるんです。

 

なんだかんだトネリさんはナルトに嫉妬してましたね笑。

ヒナタに策略的に近づいたとはいえ、ヒナタに惚れちゃったんだな。

マフラー俺にも編めとか、かわいい敵キャラでありました。

百眼がどうのとか言ってたけど、もう単なる三角関係。

あんまり忍びの設定覚えてないってばよ!笑

トネリさん、ナルヒナの愛のキューピット状態でしたな笑。 

 

彼は結局、オビトっぽいラストになったんだよね?

尺足りなくて、描き切れなかった感じだけど、

たぶんナルトに改心させてもらえたんだろう。

死んじゃったわけじゃないからトネリさんも幸せになるとイイね!

 

 

ちなみにトネリさんに操られてて花嫁姿とか、

ものすごくカリオストロっぽかった笑。

雲隠れのチャクラ大砲とか、クシャナさんの「薙ぎ払え!」みたいな笑。

ジブリの影響を感じました笑。

 

やはり恋愛に絡むということで、ナルヒナ展開なシーンは

作画的にも気を使ってた?きれいなシーンが多かった。

ナルトがヒナタに告白するシーンとか、すごくきれいな場所だったし、

金色の蝶?が舞う中、なんかとってもロマンチック。

キスシーンなんて、月をバックにキラキラ降りまくってましたし。

あれ、ナルトの演出?お姫様抱っこして空まで駆け上がって月をバックにキス。

すんごいロマンチックできれいなシーンでした。

ナルト先生、恋愛ベタとは思えんくらい

女の子の恋心が良くわかっていらっしゃる笑。やるじゃねえか笑。

ヒナタもこんな演出してもらえて、ホントに良かったねT_T

スタッフさんも、すんげえ気合入ったんだろうな笑。

 

ナルヒナ展開について、いろいろ語ってみましたが、

戦闘シーンが素晴らしかった。

ナルト映画の醍醐味だよね。カッコ良かったよ。

トネリ戦ではあのオビトが使ってた黒丸がたくさんでてくるやつとか、

黒っぽい円形のもので攻撃をかわすやつとか、

忍界大戦で出てきた戦闘みたいな再現している場面がけっこうあって、

通常のアニナルではなかなか拝めない高画質でのシーンは嬉しかった。

ちょっとオビト戦を彷彿とさせてくれました。 

 

最後のトネリ・ナルト戦で、緑とオレンジの炎がぶつかり合ってるみたいなシーン、

ウォーズで出てきた戦闘シーンにすごく似てて、へえとかなりました。

あんなシーンはよく使われる手法なのかな?

監督さん、ウォーズ観てた、とかじゃないよな…わかんないですけど。

ウォーズでは非常にカッコいいシーンだったので覚えてたんですけど、

申し訳ないが、ウォーズの方がクオリティ高いかな、という印象。

ごめんねえ。ウォーズの戦闘シーンはピカイチだったもんで。

 

それでも映画ならでは大迫力、圧倒されるシーンの連続で、

戦闘シーンはどれもすごく良かったと思います。

シカマル、サイ、サクラ、リー君もいたね、サスケもだけど、

みんなカッコ良かったよー!

ナルヒナファンじゃない人が誰でも楽しめるとしたら、

あの戦闘アクションシーンかな。けっこうおすすめです。

 月世界、破壊しまくってたけどね笑。

月がなくなったらいろいろ地球には大影響あると思うんだが、

雷影さまはそのへん、分かっていらっしゃるのであろうか? 笑

 

サクラちゃん、すごくいいキャラポジになってましたね。

ナルヒナを影からサポートするしっかり者。サクラちゃんらしい。

ナルトが以前サクラのことを好きだったけど今は違うということについて、

さりげなく解釈入れてくれてました。

ナルトがどうしてサクラからヒナタへの心変わり?みたいな

疑問点はどうしても残る感じだから公式に見解もらった感じでしたね。

 

サスケさんはこの時点で放浪しまくってるみたいだけど、

この後、どうやってサスサクになるのか、

なんかサスサクな恋愛編も見てみたい気がする。

気になるよ、どうやってくっついたんだこの二人。笑。

 

ヒナタがすごくきれいでホッとしました。

サクラはラフ絵みたいなので、すごく美人さんになってたのでわかるんですけど、

ヒナタももちろんきれいに描いてほしいなー、とか思ってたから

映画の最初のシーンを観てほっとした。美しいヒナタ様でありました…。

ブラック花嫁姿も素敵だったよー。

あれを観てナルト君が内心ざわざわしててほしいとか思ったんだが。

恋してるナルト君にはヒナタのどんな姿もざわざわしちゃうと思うけどね笑。

 

最初の方で、ナルト君にマフラーあげるのに悶々としているヒナタが

いつものヒナタでちょっと意外。

忍界大戦でもっと凛とした女性に成長していると思ってたので。

恋の前ではいつものヒナタ、という設定なのかね。

告白の練習とかモテモテナルトに勝手に悪い方に妄想して自滅、とか

笑いましたw なんつーか、いつものヒナタだな笑。

 

そんなヒナタも映画のラストで長かった髪を切ってましたね。

いろいろな今までの悶々とした気持ちをバッサリ断ち切ったみたいな印象。

今までナルトへの恋が自分の中だけで悶々としていたのから

ナルトとの両想いになって、気持ちが安定したのかなとか思った。

何か吹っ切れたヒナタを表したかったのかなとか思う。 

 

あと、パンフ観て思い出したけど、

冒頭シーンは、めっちゃカッコ良かったね!

あの忍びの歴史を振り返る的なやつ。

墨でいろんな動きを再現しているような和風で雄々しい力強い雰囲気。

これどうやって作ったのかな、とか思いながら楽しめました♪

 

 いやあ盛大に書いた!

1回目鑑賞後に忘れないうちに詰め込んだ!

たぶん後から思い返して、あああんなこと書いてなかった!とか

あると思うけど、こんな感じで子供と2回目行ってきます笑!

ナルヒナ展開にニヤついてきます!!

 

最後まで…読む人…とかいるのか…?

最後まで読んでくださった方、ホントにありがとうございます!

 

広告を非表示にする