思いつくまま、気ままに。

思いつくまま、感想を書いて、らくがきを描く。それだけ

QLOOKアクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

もののけ姫

f:id:mewpanto:20140706173427j:plain

 

テレビ放送があったそうで。後から知ったのでブルーレイ録画したかったな。

DVD持っているんですけど、こどもも観たいと言うので久しぶりに見返しました。

ナツカシー!!大好きだったんですよこの映画。

やっぱアシタカさんカッコいいねー。

こどももものすごく惹きつけられたようで、

飽きずに2時間見通していたようだ。うん、ヨシヨシいい傾向だね笑。

 

私がアニメキャラに本格的にハマったのは彼が原点かもしれない。

カッコよさ満載で惚れまくりでした。

有無を言わせぬ王道な王子イケメンキャラ…ですよね。

 

アシタカ → 我愛羅 → ムラク とか考えると

自分の好みってぶれてない感じがする笑。

穏やかでものすごい実力者で周囲から慕われる雰囲気がある人。

王子っぽい品があるような、物静かな感じの人が好きらしい。

 

そういやゲームで「ゲド」というキャラも好きだったなあ。

彼はオジサンだったけど、物静かな実力者、なイメージだったかも。

まあ、そんな感じのタイプにヨワいんです笑。

 

もののけ姫」については、というかアシタカについては

めんめんとすごさを語ったブログページが過去にあったはず。

記事どこだっけ笑。とにかくものすごい思い入れがあったなあ。

アシタカのカッコよさについて語る!みたいなやつ。

ものすごいボリュームで語っていた気がする笑。

だってカッコいいんだもん。

 

久しぶりに見返してみて、もう20年近く前のアニメだけど、

今でも十分大迫力の圧倒的なスケールでぐいぐい惹きこんでいく

魅力満載の素晴らしい映画だなあとつくづく思う。

わかりにくいストーリーだったせいか、内容の解釈について当時大騒ぎになって

議論しまくってた人がたくさんいましたよね。

そのせいかこの映画はジブリ映画の中では評価が低かった。

好きだっていう人、あんまりいなかったんだよね。

 

でも私にとってはこの映画がジブリで一番最高。

このカッコよさと大迫力はジブリ映画でも群を抜いて素晴らしいと思う。

今観かえしてもカッコいいシーンがたくさんあって息つくヒマがないくらい。

うーん、こういうところ、ウォーズにもちょっと共通点感じる。

私、こういう要素に弱いのかもしれない…笑。

 

そういや私のジブリ映画ランキングとかのブログ記事もあったような…。

どこだったっけ笑。もののけ姫が第1位だったと思う。

アシタカのカッコよさは全く今でも変わらない。なつかしいなあ。

 

そんなわけでアシタカさんを久しぶりにラクガキ。

きっちりCGではなくて、ジブリっぽく水彩風。

なんてただの手抜きだけど。わはは。

 

この絵について設定とかこじつけてみると、

映画後のお話でサンと森デートしに行く途中とか?

上着着てないですね笑。どうせいちゃいちゃするからいらんだろう笑。

 

以前、どっかで 江戸あたりの日本ってそっち方面はもっとおおらかだった、

とかいう記述を読んだことあったような気がするんですよね…。

なので昔の日本(この時代は江戸よりもっと前だけど)は、

今ほど明確なそっち方面の「いけません的な感じ」とか

なかったんじゃないかなー、とか想像してみる。

好きな人同士だったら、割と気軽にラブラブしてたりしたんじゃないかとか。 

 

なので、この二人も気軽にいちゃいちゃしてないかなー、とか。

サンも森の中で動物通して何となくわかってそうだし笑、

案外あんまり抵抗ないかもしれない^^;。

二人でおおらかに愛し合ってたりしてるといいなあ、とか

大人な妄想したりします笑。ジブリアニメで何言ってんだか笑。

 

広告を非表示にする